演技のカラクリ④ リアルで自然で「生きている」感情は…

「感情が足りない」😿「気持ちが入ってない」!
「もっと気持ちが欲しい」「ちょっと違う。もっと●●な感情が欲しい」
「気持ち、動いて!うごかして~」💦「もっと気分あげて!気持ち出して」
など…….

なんとも困った要求、不思議なダメ出しや怒号や(苦笑)アドバイス、そして度重なるフィードバックの数々…

ほぼ「耳にタコ」🐙

そう、生き生きとした、個人で、

リアルで、現実ばなれしておらず、内容にあっていて、

自然で、うそっぽくなく、状況にあっていて、

(かつ神経症的に(アブナイ)、悪い意味で憑りつかれていない💦)

そういう、

いわゆる(実は)スタンダードな☆

あたえられた劇の状況の中で、「役の人物」という他人と共感した上で、

役の人物の立場から、みて、きいて、感じて、考えて、

交流しながら、本当に「生きる」!

名作映画や素晴らしい舞台で体験できる!

言葉にすると大げさというか陳腐というか💦

不可思議ではありますが、

実際に(ただ)生きている人よりも、「より人間らしく」存在できるのも映画や演劇やオペラやダンスならでは、と思います。

さあ!

じゃあ、どうしたらいいのよ?!

「感情」

このやっかいなる、ちょっとおもろいけど、よく分からない、直接に触ったり見たりできないけれど、

どう考えても存在する「いきもの」🐕🐈🐥🐒

①感情は原始的な脳のおかげで存在するらしい
=したがって、「生存」とほぼ関係ないような、その人物にとってスケールの小さすぎる、当事者にとって価値の低い、重要度の低い一過性の「気分」や「状態」を作ろうとしてもうまくいきません。

②第一次感情(最初に気づくたくさんの感情)が溜まっていくときに、第二次感情(他人にも分かる程度に表に出て、声や身体に反映されるもの)が溢れるらしい
=ということは、ト書きやセリフに書かれていたり、(すぐ文学的な意味から)想像できるような感情や気分を『直接』狙っても上手くいかない、という事。

③ただし「刺激に反応」したときに、☝が活発に起きる
=なので「集中」を勘違いして情報を遮断したり、状況や事実を無視して「御独りさま」していると、難しい。。

Orz…

④第二感情が溢れるためには、「器」も決定要素になっているよう
=身体のリアリティー、思考、想像力、記憶、全部の感覚….なにもかもが交わり合って、影響しあって、作用しているのだね

と言う事は、隠喩表現で書きますが、

・「器」を用意して(自分の慣れているのでなくていい)
・第一次感情をいろいろ入れて、いっぱいにして(想像力と記憶の賜物)
・刺激を受け取りつつ(敏感、鋭敏、解放が要)
・第二次感情が溢れるように、「いれば」良い

1⃣この「器」を用意する部分を明瞭にしてくれるのが、ラバンで呼ぶところの感情の「エフォート」❤

2⃣「いっぱいにする」(想像と記憶の)練習が私のクラスで言うところの「モノローグ」での作業

3⃣「刺激を受け取りつつ」、の部分はエクササイズのクラスで鍛えながら、

4⃣「いれば」良いの部分はアレクサンダー・テクニークのレッスンなどで、磨きつつ、洗練しつつ

こんな様子でございます😊ちょいと時間をかけて、お試しください。

…と宣伝はさておき💦

つまり、いっぱいになっていた自分の中に入っていたものが、

「溢れるから」、「結果的に外へ出る」

ということ。

🐈🐈🐈

うまくいっていないとき、自分の思いどおりにマネージメントしたいとき、

上のどの段階でつまづいているか、チェックしてください。

演出家や監督の希望とズレているとき、
自分ではやっているつもりなのに、結果が出ていないとき、

上のどの段階で、実際に「具体的に」自分が何をしているか、振り返ってください。

「思考」の流れをたどっていくと、つかみやすいです。

お試しあれ♪

明日から3月末の4クラスが始まります!大慌てで滑り込みっ!できるのは「ラバン入門」とキャンセル1名の出た「身体をみなおす」のみです。
4月はクラス開催はないので、このチャンスにスタートをきってください。

🌸🌸🌸

ラバンのクラス初回、2回目のおさらいで期待できること

「よく分からないから心配」「なんか疑問で参加を迷う」「ダンスも体操も苦手」

…笑 🐼

そんな方々の不安はごもっともですが、心配には及びません。

では、ちょいと「目安」を書いてみます。
(参加の方の国籍は問いません、日本語か英語が通じればOK)

①ラバンの方法ーエフォートの入門クラスで「体験」できること

・さまざまな特徴の、いろいろな普段つかっていないであろう動き(たくさん)

・身体全体をめいいっぱい使った具体的な練習方法(精神論ではない)

・感情をつかいこなすためのヒント(自己陶酔や自分探しではない)

・現在の自分の傾向と対策(善悪ではありません。出発点とチェックポイントね)

・他人(キャラクター)の内面から掘るための「演技の準備」の方法と分析✨

実用的で楽しそうでしょう?

振付を覚えることも体操やダンスの型をやる必要はありません。

自分で動いて体験しますよ~

②ラバンの方法ーエフォートの入門クラスで「見直せる」こと

・身体と呼吸、声の関係性(要らない構えクセなどは捨てましょう)

・感情を表に出すときに自分がやっていること

・これまでの自分の日常の傾向、そして演技中の傾向と対策

*大御所(?)や中堅もたまには別の角度から「リフレッシュ」すると良いですね♪誰でも自分のことはなかなか見えないもの。私もいつも発見がありますよ。

③ラバンの方法―エフォートの入門クラスで「目指す」こと

・身体全体を意識的につかう(これが『表現芸術の要』です)

・動きから受け取る感覚を増やす(無意識を減らしたい💦)

・まるごと取り組む=身体だけでなく、頭だけでなく、すべて!

・働きかけ(演技中含め)の方向・距離・強弱・テンポ・リズム・高低などを選ぶ

・自分の動きを分析する(他人のだけが分かっても演じられませんので💦)

さあ、こうなると歌手もダンサーも俳優も一生使える「土台」が出来てきますよね?

こんな感じかな♪

できることが増えると楽しいですよ!

演技の暗~い穴にハマらないためにも、健康的に練習するアプローチを学びませんか?

おさらいの方には

・自分の動きの特徴をつかみ、かつ他人のエフォートパターンを取り入れて動きのボキャブラリー及び使える感覚を増やすこと

・6種の基本的な感情を8種のエフォートで運べるようになりたい+言葉が出るといいな

・相手や周囲との交流中に起きていることを感じ取り、変化させたい(自分で!)

こんな感じデス😊 効率的に進みそうですね?!

快適で安全な「家」は、丈夫で揺らぎない構造のしっかりした「土台」から。

次回のラバン入門クラスは3月末(^^♪

春めいてきたので、身体も楽ですね。

年齢、キャリア、所属、細かいジャンルを問わず、「ラバンは言語」と思ってみなさんご参加ください。

私がおススメなのは、友達、先輩、後輩、同じ事務所の仲間や友達と一緒に参加すること。特に、普段の自分を知っている方、長い時間一緒にいることがある方と一緒に学ぶとお互いに観察しあえるので、とても楽です。

占いなどよりず~~っと頼りになって(笑)、具体的で目に見えて、耳で聞こえて、何度でも繰り返せる、ラバンという言語をぜひ手に入れてくださいまし。

🐕🐕🐕

 

 

発表!3月クラスの全体像 一歩も二歩も進みましょう

年度末、お待ちかねの春季講習の開催が決まりました。

・身体や声が思い通りにつかいこなせない
・声とうごきが不自然と言われる
・もっと敏感になりたい
・感情の変化が苦手、乏しい、よく分からない
という方はまずは「ラバン入門」へ😊

・もっと快適に、自信をもって演じたい
・姿勢が悪いと言われる、クセが邪魔と指摘される
・呼吸が浅い、声が不自由
・うごきの質に種類がない、
・リズムやテンポの扱いが苦手
という方は「身体をみなおす」へ

・芝居がクサい、ウソっぽいと言われる
・感情的になったときにセリフが言いづらい
・不自然だと言われる
・もっと想像力を磨きたい
という方でラバンが出来た方は「モノローグ」へ

・効果的な準備が分からない、演出家に頼ってばかりをやめたい
・NTライブや名作映画のような演技がしたいのに、どうしていいか分からない
・台本が読めていないと指摘される
・演出家や監督との意思疎通がむずかしいと感じる
・うごきやセリフが不自然と指摘される
・映画にも舞台にも共通する力を底上げしたい
・その他大勢から抜きんでたい
という方でモノローグが(そこそこ)出来てきた方は「シーンをつかって」へ✨

みなさんの☝のいろいろ….

はい!全部解決しましょう。

輝かしいハリウッドスター達や世界の名優たちにも動きや声や演技のコーチがいます。一人で悩まなくてOKです。
「やりかた」をいくつかモノにして、より「使える道具」を増やしましょう。

2018年3月クラス全体像:
①もう鈍感とは言わせない!「身体をみなおす」(初めての方OK)
②より明瞭に演じるための感情と感覚「ラバンのエフォート入門」
(初めての方OK)
③腹の底から味わおう!「モノローグ」感情、セリフ、想像力へ
(ラバンのエフォート入門クラス参加済みの方のみ)
④まだまだできる!演じるための戯曲読解と分析「シーンをつかって」
(モノローグクラスでOKがでた方)

■日程A
・3月26日(月)10:30~12:30 身体をみなおす 19:00~21:50 ラバン入門
・3月27日(火)10:30~12:30 身体をみなおす 19:00~21:50 ラバン入門
・3月28日(水)10:30~12:30 身体をみなおす 19:00~21:50 ラバン入門

■会場
「身体をみなおす」「ラバン入門」ともに:
渋谷区笹塚3-9-3ケイオービルB1F 笹塚メソッドA

■参加費
身体をみなおす:12000円(計三日分)
ラバン入門:15000円(計三日分)

■日程B
・3月26日(月)13:00~17:00 シーンをつかって
・3月27日(火)13:00~17:00 シーンをつかって
・3月28日(水)13:00~17:00 シーンをつかって
*3月29日はいずれのクラスもありません
・3月30日(金)10:00~13:00 モノローグ 14:00~18:00 シーンをつかって
・3月31日(土)10:00~13:00 モノローグ 14:00~18:00 シーンをつかって
・4月1日(日)10:00~13:00 モノローグ 14:00~20:00 シーンをつかって(途中休憩あり)

■会場
「モノローグ」:渋谷谷区代々木4丁目11−3 B1F レインボーコート参宮橋
「シーンをつかって」:3月26日~28日の前半3日間:笹塚メソッドA
3月30日~4月1日の後半3日間:レインボーコート参宮橋

■参加費
モノローグ:19800円(計三日分)シーンをつかって:39800円(計六日分)

全クラス共通事項
■持ち物
ご自身が快適に動ける締め付けの少ない稽古着、飲料水、タオル、筆記用具、初日は参加費、モノローグの方は設定した課題のセリフ抜粋と台本をお持ちください。シーンクラスの方は事前に課題と説明があります。全クラス初日から必要なものをすべてお持ちください。

■ お申し込み
以下をご記入の上、メール又はfacebookのメッセージにてお申し込みください。添付ファイルの送信はお控えください。メールもメッセージも件名に希望クラス名とご自身のお名前をお書きください。
・氏名:
・年齢:
・性別:
・連絡先(携帯電話番号)とメールアドレス:
・所属(事務所、劇団など):
・自己紹介(200字前後):(舞台などの現場経験の略歴、受講動機など含め)

■ 応募先:
メールアドレス:kaorualexander(アットマーク)hotmail.co.jp
またはfacebookページのメッセージ:https://www.facebook.com/kuwatakaoru/

*返信が3日以上ない場合はエラ―が考えられます。設定をご確認の上メールとメッセージの併用をお願いします。こちらからの返信が受信できる設定のご確認もお願いします。

■〆切:
開講日の前日まで申込みは受付ますが、じっくり練習してもらうため、ラバン入門も最大で15名程度、他クラスは10名以下の少人数クラスですので、満員になり次第〆切り、その後はキャンセル待ちになります。

■ 注意事項:
申し込み後に万が一急病などで参加できない場合は、お手数ですが「必ずその時点で」ご相談ください(遅刻早退の種類に関わらず)。参加費は初日にお持ちください。お持ちでない場合は参加できません。クラスは3日間または6日間のセットです。万が一1日しか参加できなかったとしても残念ですが払い戻しできません。当日のキャンセルはできないので、スケジュールと体調の管理にはお気を付けください。
*開始日の2日前までは急病など万が一の際にはキャンセルが可能です。次回クラスへの振替も承ります。1日前以降の直前キャンセルの場合は受講料の全額をお支払いいただきますのでご了承ください。(天災以外は理由の如何に関わらず)少人数で全員に目が届くようしっかり取り組みたいので、お申込みはお早目にお願いします。

みてるフリ、きいてるフリ、感じてるフリ…を「巧みにする」ことは演技ではありません。

自然の仕組みを使わなければ、あとで苦しくなります。

さあ、自分の身体からはじめましょう。行動を変えれば、結果が変わります。
真剣なみなさんをお待ちしております。

3月開催まだまだできる!演じるための読解分析ーシーンをつかって

みてるフリ、きいてるフリ、感じてるフリ…を「巧みにする」ことは演技ではありません。

本当に演じる喜び、戯曲読解の愉快さ、交流の面白さを磨こう♪「上演に値する」リハーサルや稽古のため、現場での要求に応え、作品を豊かにするため、俳優は何をどう準備し、「工夫」したらいいのか…

話題沸騰のNTライブで活躍するような素晴らしい俳優たちはどのような稽古をしているのか、どういうトレーニングを経て舞台でも映画でも幅広く活躍しているのか….大学から英国で8年間、第一線で活躍する先輩たちに囲まれ、RSCやNTライブでお馴染みの数々の名優、名コーチ、劇作家、演出家らを輩出してきた王立セントラル演劇学校修士課程卒業のKaoruが直接、一人一人に指導します。8名以下の徹底した少人数制で、クラス環境ながらもマンツーマンのコーチングが受けられるチャンスです。

プロ俳優およびそれらを目指す方のための演技の総仕上げと見なおしのクラスです。「NTクオリティ」を目指すベテランの方ももちろん歓迎です。

キャラクター研究、戯曲分析のいろいろ、より魅力的に、さらに生き生きと感じてうごく! (モノローグを修了した方のみご応募いただけます)事前に準備してもらう課題がありますので、個別にご相談ください。

◆ 日程:
*前半3日は午後のみ、後半3日は午後から夕方へかけてクラスがあります。 3月26日(月)13:00~17:00
3月27日(火)13:00~17:00
3月28日(水))13:00~17:00

3月29日(木)クラス自体はオフです

(個別の課題に取り組んだり休息をとったり、後半への準備につかってもらえます)

3月30日(金)14:00~18:00
3月31日(土)14:00~18:00
4月1日(日)14:00~20:00 (休憩及びフィードバック等含む)

6日間で1クラスです。性質上バラで参加することはできません。

◆会場:レインボーコート参宮橋スタジオ
渋谷区代々木4丁目11−3 地下1階

◆参加費:39800円(合計6日分です。初日にお持ち下さい)

◆お申し込み方法:以下をご記入の上、メール又はfacebookのメッセージにてお申し込みください。添付ファイルの送信はお控えください。メールでもメッセージでも件名に希望クラス名とご自身のお名前を必ずお書きください。
・氏名:
・年齢:
・性別:
・連絡先(携帯電話番号)とメールアドレス:
・所属(事務所、劇団など):
・自己紹介(200字前後):(舞台などの現場経験の略歴、受講動機など含め)

◆クラス 応募先:メールアドレス:kaorualexander(アットマーク)hotmail.co.jp
またはfacebookページのメッセージ:https://www.facebook.com/kuwatakaoru/

*返信が3日以上ない場合はエラ―が考えられます。設定をご確認の上、メールとメッセージの併用をお願いします。こちらからの返信メールが受信できるよう設定のご確認もお願いします。

◆〆切:開講日の6日前までですが、じっくり練習してもらうため8名以下で行います。満員になり次第〆切り、その後はキャンセル待ちになります。もしもの際には開始日の2日前まではキャンセルが可能です。次回または別クラスへの振替も承ります。1日前以降の直前キャンセルの場合は、受講料の全額をお支払いいただきますのでご了承ください。

準備を変えれば、行動が変わる。
行動を変えれば、結果が変わります。

演劇大好きな皆さまをお待ちしております。

演じる面白さを味わおう!3月モノローグクラス

いつの時代も会話は面白い。
はやくシーンをたくさんやりたい。たくさんセリフが欲しい!

ちょっと待って、その前に!😲

「セリフを言う」のではなく、生きた言葉として「しゃべる」ために、どうやって想像力を活かしたらエキサイティングなのか、言葉と内面の様子をどう扱ったらより魅力的になるのか…

モノローグをつかって演技の方法を増やします。

ベテランも中堅も若手も、すでに出来ていることは磨く、苦手は減らす、それぞれのレベルを尊重した実践クラスです。

言葉と内面の関係、身体の解放、想像力の鍛え方と感覚…一人一人取り組みます。

セリフ課題の相談は個別に事前にいたします。
*セリフを入れてくる必要はありません。

(ラバン入門クラスでエフォートを学んだ方が対象のクラスです)

■日程:
3月30日(金)10:00~13:00
3月31日(土)10:00~13:00
4月1日(日)10:00~13:00

3日間で1セットです。
ブラッシュアップのために繰り返し参加することも可能です。

■会場:レインボーコート参宮橋スタジオ
東京都渋谷区代々木4丁目11−3 地下1階

■参加費:「モノローグをつかって」:19800円
(計3日分です。初日にお持ちください)

■お申し込み方法:以下をご記入の上、メール又はfacebookのメッセージにてお申し込みください。添付ファイルの送信はお控えください。メールでもメッセージでも件名に希望クラス名とご自身のお名前を必ずお書きください。
・氏名:
・年齢:
・性別:
・連絡先(携帯電話番号)とメールアドレス:
・所属(事務所、劇団など):
・自己紹介(200字前後):(舞台などの現場経験の略歴、受講動機など含め)

■クラス 応募先:メールアドレス:kaorualexander(アットマーク)hotmail.co.jp
またはfacebookページのメッセージ:https://www.facebook.com/kuwatakaoru/

*返信が3日以上ない場合はエラ―が考えられます。設定をご確認の上、メールとメッセージの併用をお願いします。またこちらからの返信メールが受信できるよう設定のご確認もお願いします

■ 〆切:開講日の2日前まで。10名以下で行います。満員になり次第〆切り、その後はキャンセル待ちになります。開始日の2日前まではキャンセルが可能です。次回または別クラスへの振替も承ります。1日前以降の直前キャンセルの場合は、受講料の全額をお支払いいただきますのでご了承ください。

演じる面白さを腹の底から味わいましょう!

健康な俳優・歌手のみなさまをお待ちしております。

春、始める!ラバンのエフォート入門ー より明瞭に演じるための感情と感覚

誰も勢いや気合で上達はしません。「熱い気持ち」だけでは何も進まないのです。
生い立ちや環境のせいにしていても始まりません。

実際に身体をうごかして、感覚を育てることを始めましょう。

体系立てて学ぶことが「演劇」も可能です。

歌唱やダンスや語学や楽器演奏と同じく、精神論や気合で演じること、パフォ-マンスをごり押しすることでは誰も上達しません。

実地(現場)へ飛び出るだけではなく、実際に専用の練習やプログラムをやればいいのです。

「感情がどういうものか実は分からない」
「演じるときに、感覚が湧いて来ない」
「いつも似たような感じで歌い、踊り、演じている」
「表現がマンネリ、型にはまっている、などと指摘される」
「ダメ出しで言われていることを解決しづらい」

感情の扱い、役の人物の内面の変化、セリフや動きの強弱、テンポ、リズム、キャラクターの特徴、声との一体性など…
ダンス・音楽・演劇の父「ラバン」の体系的なシステムをつかって具体的に感覚を学び育てます。

プロ俳優、パフォーミング・アーティスト、およびそれらを目指す方のための「ラバン入門」クラスは、より目的にあった感情表現、明瞭で生き生きとした魅力的な演技を目指します。

快適なリハーサルのために、たっぷり動いて、ちょっぴり分析する、ムーヴメント(動き)のクラスで感覚を磨きましょう。
相手へのあいまいな提案や一人よがりの勘違いやマンネリはおさらばです。

やっていくうちに感じ、考えます。
動いていくうちに、慣れ、覚えます。

事前の知識や経験は必要ありません。*ダンスや体操ではありませんので、過去にダンスや体操が苦手だった方もチャレンジ大丈夫です。

当日はたくさん動いても構わない稽古着、タオル、飲料水、筆記用具、汗をたくさんかく方は稽古着の替え、初日は加えて参加費を各自必ずお持ちください。

◆ 日程:
3月26日(月)19:00~21:45
3月27日(火)19:00~21:45
3月28日(水)19:00~21:45

三夜間で1セットです。初めての方はバラでの受講は出来ません。
2回目の方がおさらいのために参加することも歓迎です。

◆会場:笹塚メソッド Aスタジオ
渋谷区笹塚3−9−3 ケイオービルB1F

◆参加費:ラバン入門:15000円
(合計3日分 初日にお持ちください)

◆お申し込み方法:以下をご記入の上、メール又はfacebookのメッセージにてお申し込みください。添付ファイルの送信はお控えください。メールでもメッセージでも件名に希望クラス名とご自身のお名前を必ずお書きください。
・氏名:
・年齢:
・性別:
・連絡先(携帯電話番号)とメールアドレス:
・所属(事務所、劇団など):
・自己紹介(200字前後):(舞台などの現場経験の略歴、受講動機など含め)

◆クラス 応募先:メールアドレス:kaorualexander(アットマーク)hotmail.co.jp またはfacebookページのメッセージ:https://www.facebook.com/kuwatakaoru/

*返信が3日以上ない場合はエラ―が考えられます。設定をご確認の上、メールとメッセージの併用をお願いします。またこちらからの返信メールが受信できるよう設定のご確認もお願いします。

*たまにサーバーの調子なのか行方不明メッセ―ジが出没します。申し訳ありませんが、(挫けず)PMでも別アカウントからでもご連絡ください。

◆〆切:開講日の2日前までですが、目が行き届くよう15名以下ですので、満員になり次第〆切ります。その後はキャンセル待ちです。開始日の2日前まではキャンセルが可能です。次回または別クラスへの振替も承ります。1日前以降の直前キャンセルの場合は、受講料の全額をお支払いいただきますのでご了承ください。

身体も鍛えられて、一石二鳥🐦 真剣な参加者のみなさまをお待ちしております。

もう鈍感とは言わせない!身体をみなおすーじっくり三日間

3月のクラスのお知らせです🐈

「もう鈍感とは言わせない!」身体をみなおす Part II ーじっくり3日間

2017年に好評だったクラスの積み重ね版です。初めての方もOKですよ。

「集中や注意力を改善したい」
「もっと楽に快適に動きたい」
「いびつな身体やクセが気になる…」

ムーヴメント的な切り口が初めての方はもちろん、俳優だけでなく、歌手、ダンサー、音楽家の方にもご参加いただけます。

激しく運動をするのではなく、じっくり3日間に分けてうごきを使ったプログラムで一人一人の取り組みをみなおしてもらえるクラスです。

エクササイズの内容は段階的に進みますので、体操やダンスが苦手でも、プロおよびプロを目指して音楽、ダンス、演劇いずれかの活動をなさっている方であれば大丈夫です。

年齢、キャリアを問わず、ご自身の能力発揮のために身体全体をチェックしたい方、日ごろのクセやパフォーマンスのかたよりが気になる方もご利用ください。

当日は各自、ご自身が快適に動ける締め付けの少ない稽古着、飲料水、タオル、筆記用具、参加費をお持ちください。

■日程

3月26日(月)10:30~12:30

3月27日(火)10:30~12:30

3月28日(水)10:30~12:30

■参加費:12000円(全3日分)
■会場:笹塚メソッド Aスタジオ(一番広い奥の部屋です)
渋谷区笹塚3−9−3 ケイオービルB1F

■ お申し込み:
以下をご記入の上、メール又はfacebookのメッセージにてお申し込みください。添付ファイルの送信はお控えください。メールもメッセージも件名に希望クラス名とご自身のお名前をお書きください。
・氏名:
・年齢:
・性別:
・連絡先(携帯電話番号)とメールアドレス:
・所属(事務所、劇団など):
・自己紹介(200字前後):(舞台などの現場経験の略歴、受講動機など含め)

■ 応募先:
メールアドレス:kaorualexander(アットマーク)hotmail.co.jp
またはfacebookページのメッセージ:https://www.facebook.com/kuwatakaoru/

*返信が3日以上ない場合はエラ―が考えられます。設定をご確認の上メールとメッセージの併用をお願いします。こちらからの返信が受信できる設定のご確認もお願いします。

■〆切:
開講日の前日まで申込みは受付ますが、じっくり練習してもらうため、10名以下の少人数クラスですので、満員になり次第〆切り、その後はキャンセル待ちになります。

■ 注意事項:
申し込み後に万が一急病などで参加できない場合は、お手数ですが「必ずその時点で」ご相談ください(遅刻早退の種類に関わらず)。参加費は初日にお持ちください。お持ちでない場合は参加できません。クラスは3日間セットです。万が一1日しか参加できなかったとしても残念ですが払い戻しはありません。当日のキャンセルはできないので、スケジュールと体調の管理にはお気を付けください。
*開始日の2日前までは急病など万が一の際にはキャンセルが可能です。次回クラスへの振替も承ります。1日前以降の直前キャンセルの場合は受講料の全額をお支払いいただきますのでご了承ください。(天災以外は理由の如何に関わらず)

少人数で全員に目が届くよう、広いスタジオで取り組みたいので、お申込みはお早目にお願いします。

新年度に向けて、さあ、自分の身体からはじめましょう♪

真剣なみなさんをお待ちしております。

アレクサンダー入門グループクラスの様子

2018年も1週間が過ぎますね😊

かつてアレクサンダー・テクニークが何かも知らないまま、同級生(俳優志望)がレッスンを受けているという話から、個人レッスンを受けに行ったKaoruです💦当時は、まさか自分がその指導者になるとは夢にも思いませんでした~(笑)

そんな「ハヤブサ型」🐦の私はつい初心者🍃 の心持?を忘れてしまいがち。

レッスンが良いことは聞いたことがある、でも何をするのか分からない、
だから躊躇しちゃう、イメージわかなくて心配、

と言う方々のために、ちょいと過去のクラスの様子を書いてみました。
ご友人を誘ったり紹介したりする際の参考にしてください。

クラス人数はおよそ5~8名くらいです。

初日クラス:
自分の歩き、立ち、座り、腕を動かすなど、簡単な「日常の動作の観察」から始まります。声を出すときの様子も大事ね。ポイントはガイドしますよ~。

グループにありがちな自己紹介(笑)のようなことはほとんどしません。
そのうち分かるので「親睦」が先になくていいでしょう。みなさんもせっかく確保した時間が大切。『まず重要なことから』という私の方針です。

アレクサンダーの原理を説明しつつ、一人ずつ、ハンズ・オンで、動きをガイドしながら、自分の習慣とは違う「つかい方」を体験してもらいます。

アレクサンダーの先生が触るのは、

①動きをガイドするため、
②要らないクセを防ぐため、
③新しいつかい方を促すため、

が主な理由です。(治療じゃないよ。)

質疑応答も交えつつ、違いを感じつつ、お互い観察しつつ、1日目は終わります。

2日目も似たような展開ですが、個々の課題に触れつつ、より具体的に、よりいろいろな動きをつかって学びます。

お互い変化がみられるので、夫婦で、友達同士で、先輩後輩で来るのもおススメです。音大仲間、ダンス仲間、養成所の有志で、というのもありました☆

自分のことはよくも悪くも「見慣れて」いるので、違いがあっても「ぼんやり」していたり、声が変わっていても、「違和感」だけに注意がいってしまったり…

もちろん、1人で参加もOK!

「練習」の方法を一緒に吟味して学びますので、「やりっぱなし」にはなりません。(おそらくほとんどの方は)

動いて構わない締め付けのない服装で、快適においでください。

大事なのは違いを「感じ」方法を「学ぶ」こと。

決めつけないで、とりあえず(笑)よくみて、よくきく、こと。😊

次回のアレクサンダー・テクニーク入門クラスは2018年、

1月27日(土)10:30~12:30
1月28日(日)10:30~12:30

会場は笹塚の笹塚メソッドスタジオC、参加費は2日間セットで10800円 です。完全予約制ですので、詳細はイベント記事またはFBをご参照ください。

週末の朝だけなので、時間も有効につかえるプログラム🌸

あたらしいアプローチかもしれませんが、ちょっと時間をかけて深めて欲しい。

これをきっかけに「スッキリ」することを願いマス!

 

傾向と原因と「身体のこわばり・硬さ」は…

人種、年齢、キャリア、経歴さておき、やはり歌い、踊り、芝居をするということは、ある意味「負荷」がかかる時間の長い活動です。

ましてや、プロとして練習し、トレーニングしつつ、リハーサルに通い、かつオーディションや映像などマスコミの仕事もとなると、

超!ハード!😢

そして、なんと言っても、忘れがちなのが、ここ ☟

「身体を固めて『反応』するのが当たり前」な状況設定が多い。

なのね。。

🐈🐈🐈

そう、

オペラでも演劇でもミュージカルでも

「驚くような出来事や状況」

がほとんど、ですよね?

「びっくり!😲」すれば、身体を硬直させてちょい引くのは当たり前だし、

「えっ!」とドギマギ、場合によっては通常の通りではない、特殊な状況に直面する。

それが劇のもと。

ですよね?💦

知らないことを告白されたり、意外な展開にいつもと違う行動を迫られたり、誰かが急に何かしてくる….

いろいろなことがスムースにいかない

いわゆる「問題解決」

が劇のもとです。

サスペンス、ミステリー、悲劇、コメディーのはらはらドキドキは当然ながら、

相手が何を言うか、何をするか分からないという「設定」ですから

俳優自身はもちろん結末は知っていますが💦

そりゃ~、身体は緊張しますよ。それが自然、それが本能。それが正しい。

😊😊😊

しか~し!

そうすると、つぎつぎと起きる出来事には「応答」しきれないし

状況に「条件反射」している時間が長いだけで💦

身体を「かため」ちゃってて、いつも同じ状態に「構え」ちゃってると

肝心かなめの

「行動」!

がしづらいのです。

俳優=Act+or=Actする人=『行動』する人

ですね☆

「硬くなる」のは当たり前。状況における人物の「構え」をやるのも仕事のうち。

ですから、それを「意識的に」変化させるようにしてください。「意図的に」意味に沿って、「調節」することで、演じることをより現実に近く、より自然に、そしてあわよくば(笑)、求められている現場の様式やテーマが際立つ方法をつかえるよう、「やっていること」への「気づき」や「種類を増やすこと」が演技者(ジャンル問わず)にはお得です。

 

1月27日、28日のアレクサンダー・テクニーク入門のグループクラスのお申込みは始まっております。みなさんお誘いあわせの上、未体験の方も、ちょい経験者の方もお出で下さいませ。ご予約お待ちしております~♪

みなさまも良いお年をお迎えくださいませ。

 

 

 

身体とあたまと心と

「ラバン入門クラス」、「モノローグをつかって」の2クラスが無事に終了しました。

ケガもなく、寒い中、筋肉痛(笑)になりつつも、若き大学生からベテランまで、ご参加の皆さん、よくやりました、ありがとうございました。

生い立ちやキャリアはさておき、それぞれが自分の能力を最大限に発揮しようと果敢に取り組むものほど、尊いものはありません。それこそが、自信のもと ♪

そこに結果がついてくるようになれば、しめたもの😊

自分には、たくさん想像し、いろいろ試して、健康にも気をつけて、他人と協力できて、動けて、工夫して、よくみて、よくきいて、ちゃ~んとやり遂げる力がある!

そうです。

「できない」のではなく、「やり方」を知らなかった。

「向いてない」のではなく、「入口」が分からなかった。

「できない!」のではなく、「どちらの方向へ向かったらいいか」を知らなかった。

という感じだった方がほとんどだと思います。

今回初めてだった方も、筋肉痛(笑)にめげずに、次回のクラスへ進んでもらいたいと思います。

次回は1月のアレクサンダー・テクニーク入門クラスで心身の解放か?!

現在、もんもんと私が考え中の2月(?)の特別クラスで「がっつり」★もいいですね。

参加者、レギュラーのみなさん、お気軽に活躍情報や近況もふくめ、ご連絡ください。

良いお年をお迎えください。

こちらは明日までシーンクラス!がんばりま~す(*^^)v