目的に向かおう!戯曲読解のコツ

戯曲読解、戯曲分析….さまざまな名前で呼ばれ、文学や演劇の大学や養成所でさまざまな先生方や先輩たちが(苦労も)工夫もして教えてくださっている….はず…..

「演じるため」の戯曲の読み方、整理整頓の方法のヒントになっている、はず…

なんですが💦

形容詞と状況とあらすじの把握に終始した

ざんね~ん😿

なお答え、お返事の多い俳優たち(中堅・経験者含む)….

何でなの?(-_-;)

🐕🐕🐕

「さまざまな●●や■■と▽▽~にもかかわらず」

「さまざまな方法」をつかっているのが「目的」ですよ。

「状況」でも「感情」でもない。

日本語、伝わってる、かな…(^^ゞ💦

私のお勧めの手順を次のとおり

①事実と事実から推測/想像 できることを分ける

②↑の事実から、劇(シーン)がいつ、どこ、などの状況をはっきりさせる

③ ↑の事実から推測できることを明瞭にしたうえで、

④ ズバリ!な状況(いつ、どこ、の意味)をさらに明らかにする=意味づけ

そのあとで、

⑤上の①~④と矛盾しない(不可能でない)「目的」を仮定して読み直す

⑥↑の①~⑤を繰り返す

を入口とすること!

お役に立つこと間違いなし!

「雰囲気」などといった要素の集合にダマされないで、やりましょう。

古今東西の名作で練習してみることをお勧めします😊

素敵な春を過ごしましょう~♪

 

コメントを残す