調節してくださいー調節がすべて?!

本日もズバリ⚡

「調節」して欲しい、ね💦

演劇に限らず、歌でも、音楽でも、ダンスでも….

顔も含めての全身のうごき、呼吸から変化する声、相手との関係、空間のつかい方、目的の設定、リズム、テンポ….

例をあげるとキリがありませんが、

「調節」を学んで活用してもらいたい、そして「調節」によって、

本人も「ラク」になる、周囲も信頼しやすくなる、お客さんも安心して(良い意味で)目撃することができる。

で、こういう指摘をすると必ず(笑)出るブーイングが

①「え~!もっと自由にやりたい!」②「考えないでやりたい」③「ありのままでいい」

という不思議な発言。

😠

硬い脚の棒立ちが「自由」ですって?硬直したお面が「自由」ですと?!😲いつもマンネリの抑揚が「自由」?!

そう、気づいていないのはあなたとその周囲(目や耳が慣れているから)

そして②ですが、では「考えないで出来ること」の中に、何があるか、ちょいと胸に手をあてて(笑)思い浮かべてみてください。

そう….

②「考えない」でできることは

習慣!

歯磨きに代表されるような、機能的な内容(-_-;) 毎日繰り返し何年もやっている

「こころ、ここにあらず」

でも出来るための習慣ですよ。

それ、目指してどうするの?!

確かに、スキルについて、基礎的なことを確認しながらのパフォーマンスはもちろん悲しくつまらないものですが、「歯磨きと同じ習慣」て。。。どうでしょう?

別名「惰性」⚠危険のことを意味してはいないですか?

🐣🐤🐥

ありのまま、それでいいのは、子どもだけ。

と思わず一句出ました 😡 そう、調整を拒む人達の主張。「ありのまま」

出たーぁ!無責任発言!

そこでムダに防衛的になるのは☟「調整」しろと言われたと誤解しているからでないでしょうか?辞書の意味でも、

「調整」=「問題がある」または「満足ではない」状態にある事柄や物について、不都合な点、不満な点を解消し、よい状態にすること

したがって

「満足じゃないのか?!」「不都合なの?!」と防衛してしまい、

「どこが不満?!」「じゃあ、いま悪い状態なんですね!」と基準から外れていて悪なので、正しい方へ、現状が悪いので、良い方へ向かえと「叱られている」と勘違いしてしまふ。。

嗚呼! 国語が雑な人たちよ!Oh, No…..💦

あのね~….意味が違うんですけど…..(^^ゞ

「調節」
=何らかの「度合い」を変えることによって、「望ましい」または「ちょうどよい」状態にすること現状がどうであるかとは関わりなく使える

一般的または特定の「基準」というものはない。すでに行われている現状が悪い、というのもない。

だから被害者妄想、要らないです。現状への批判ではない。「改善」の精神ですよ。

例えば、歩くとき。

歩く前に考えていること、みているもの、聞いているものを「調節」してみる。

歩き始めに身体全体でやっていることを「調節」してみる(筋肉の緊張と弛緩のレベルですね)

すると、

あら不思議 ♬

感じることも違ってくる、気になるものも違ってくる、みえるものも違ってくる。

ああ!そっか!演技に応用できるね♪

お試しください~😊

連絡事項:12月のクラスも各コースともにお申込みが進んでおります。参加をご希望の方はお早目にご連絡ください。

 

コメントを残す