私の好きな美しいひとたち③布のマエストラ

実はオペラも演劇も観劇に出てはいるのですが、どうにも書きづらい作品ばかり(いろんな事情で)💦私の辛口🍛フィードバックが気になる方はクラス時に(こっそり)質問してください。可能な範囲で分析+トラブル・シューティングのポイントをご指摘いたします。そして総見だったり大先輩のおススメで悩める若者で(?_?)❓という感触を観劇後に実はお持ちの方……ダイジョブです。私は(おそらく)そちらの感性が現代人、率直な態度と思います。

🐣

前回の和のマエストロは男性でしたので、今日はマエストラ、可愛い女性です。

アナロジー(=「類推」)が戯曲読解、実は観劇にも大切なのはみなさん、周知の通り。

類推が時間差で効くよう構成された本はじわじわと、あとからしっかりのボディーブロー (笑)👊

映画も歌の歌詞も、いろいろなメタファーや象徴、そしてアナロジーを活用しているものはいつの時代も、国籍も問わず、素晴らしいものが多いです。みなさんの例も教えてください✨

さて

私は冬になるたびにいつもコートが気になっていて、なかなか欲しいものがないので、幸運にも気に入ったものがみつかれば、イタリアだろうとイギリスだろうとアルゼンチンだろうが(笑)いつもスーツケースに押し込むかあわよくば着たまま(!)買って帰ってくるのですが…

どうもなぁ…..

なんとな~く

昨年から着ているイギリス製のコートが合わない気がしていたのです。

サイズは正しく(ロンドン在住時からつかっているブランド)

なにも困ってはいないのですが、

なんとなくバッグとのバランス、靴との組み合わせが難しすぎるというか…….でもピンとこない。

昨年は冬は2月3月とアルゼンチン(真夏)へ行っていたので、結局、コートの感覚は腑に落ちないまま、12月と1月に10回くらい着て、…今年また、冬を迎えました。

そんな先日🌳

ちょっと別件で用事のあったマエストラのアトリエにお邪魔しまして、上がる際にコートを脱いだのです。

ひらめいて、

おもいきって聞いてみました

「このコート、なんか変じゃないですか?」

マエストラ「えっ?肩やラインは合ってますよ~」

と常識的なお答え。

しかし、ここは食い下がって、専門家ならではの見地をお願いしたいところ…

「サイズは正しいはずが、どうも大きいというかバランスが悪いように感じているのです」😢

と訴えた私。

しばし考えて、全身をさらっとみた後

マエストラ「ん~~~~~。着られちゃってるという感じですか?全体の形はとても良いです、四角め、すっきり…キレイですけど…」

😿「ん~そうですねえ…….」

ひらめき💡マエストラ「(‼)そでがちょっと長いのかもしれません。」

😲

そうか!

人間、手首は2つありますよね。

その2つの手首がどれくらいカバーされているか、は立てのラインもさることながら、他に生肌(コートですから)出ているところは首しかないため、とっても目立つんですね。

無意識でした、私。

3つある首のうち、2つが隠れ過ぎているとなんだか重くみえるのね。たった1cm程度、しかし、されど1cm×2か所×全方向から=💡

ありがたく、そのままコートをアトリエにおいてきました 🧥

月末、私ぴったりに生まれ変わったコートを迎えに行く予定です。

はい!

ここで、前述のアナロジー

この小話から「つかえる構造」は何か?

教訓というより、構造、です。

イケる!と思った方、確認したい方、クラスまたはレッスン時にお尋ねください。

🐕🐕🐕

本日のお勧め。

語り口がまるで映画!なのでまだまだ私の春日さんブームは続く🌟

スポンサードリンク

3月末に巨匠、先輩と、名作映画をつかった解釈の会を開く予定です。一人でみるのがちょっときがひける大作、なんとなく避けてきた芸術の名作品を素晴らしき先輩方と掘り下げて、対話する会になる予定です。演技の実践時間はないので、安心して俳優ではい方もお越しください。詳細は近日中にアップします。

 

 

投稿者:

Kaoru Kuwata

演技コーチ/STAT会員アレクサンダー・テクニーク指導者/ムーヴメン指導・演出
STAT certified Alexander Technique teacher, mSTAT
Movement Teaching/Acting Coach/Movement Direction/Personal Coaching

コメントを残す