新学期の驚きー機能不全か?!

おはよーございますー

時差ボケなど言ってられないスケジュールで帰国後も働き始めたKaoruです。(-_-;)

さて、

俳優になりたい!ミュージカルに出たい!歌手になりたい!な~んていう夢ある「若者たちの夏休み」…というと、ぞれぞれがバイトしたり(リアル💦)、免許を合宿で取ったり(堅実)、恋愛したり(笑)、ダイエットしたり(あるある)、引っ越ししたり、帰省したり、習い事を極めたり(いいね!)夏期講習へ参加したり(良いね!)…

方法や種類はさておき、それぞれの価値観やライフスタイルが露わになる時間だったろうに…と推測していたセンセイ、それはワタシです。

しか~~~し!

そうは問屋が卸さない(!古ッ!)のが昨今の10代、20代、30代。。なんですか?

9月頭、新学期なるものがスタート!

授業始まって、十数分、観察すること、しばし….

ん?!

何にも変わってない人達がいる~~~!!

前と同じ姿で、同じ表情で、ただ、突っ立ってるだけじゃ~~~ん!

そして….極め付け…

それは…実技の授業中のこんな場面…

Kaoru「ねえ、○○さん、それ違うんじゃない?」

○○「……」

Kaoru先生「あの、それ、違うって言ってるでしょう?順番が…」

○○「………………」

Kaoru師匠「私、さっき2回説明したとき、▽▽の後に××って言ったんだけども?」

○○「………………………………………」

Kaoru軍曹「ねえ、、あの~、聞こえてるの?」

○○「・・・・・・・・・・・・・・」

軍曹「返事は?」

○○「・・・・・・・・・・・・・あ。。。」

鬼軍曹「返事くらいしなさい」

○○「………..」

怒りの鬼軍曹「だから!返事しなさい、と。意思表示を。聞こえているのか、分かったのか、どうなのか?!いつから返事しなくていいクラスになったの?!」

🐤   🐤   🐤

そう、「返事すらまともにしない種族」が増殖していたのでしたぁ~~~~~~

で、こんなヒトが1名ならさておき、繰り返し同じ事件が繰り返されるという愚かさ…………..約40名中、何人もいたとさ。。とほほ。

いや~、あなたたち、演劇、以前に芸術、いや、進学全般、向いてないね。(苦笑)

夏休みって。。確かに事務所や学校系施設はお休みかもしれませんが、それは設備の点検やそこで働く人の休みも兼ねているわけで、ホントウの「休み!」ではないし….長期の休みだからこそ出来る事がたくさんあり、普段なかなか長時間会えない人々(地元の友達や家族や習い事のコミュニティーなど)とさらにコミュニケーションが増える、また帰省したり、夏期講習でたり、期間限定バイトしたり、冠婚葬祭出たりすると、非日常とは違う場面でのコミュニケーションも工夫せねばならぬ、「学び」が増える時間があるはず………と思ったワタクシが愚かだったよぅ。

バカ、バカバカ!

それで、こういうの↑は「失礼ですよね」という話を周囲の人達はしていたのですが….

なんだかなぁ………..

「失礼」とか、「礼」を失うとか云々以前に………

どうなの?!まず、ひととして?!💦

まぶたが開いているだけで、「みている」ことにならないし

聴力に問題が医学的にないだけで「きいている」ことにはならないし

。。。

演劇が難しいとか、芸術が難解だとか、技術の修得に時間がかかるとか、そういうことじゃなくて、

もっと根源的な、さまざまな分野に共通している、「基礎」おかしいんだと思います。

とにかく、つまらない話なので、終わり。

みなさん、

意思表示は大事です。

意思表示の種類が「返事」であろうが、「質問」であろうが、「あいさつ」であろうが、形や場面が違えど、本質的には同じです。

演劇以前のことができないと、演劇の基礎にもたどり着けないぞ。

オウム返しのように、ただロボットのように「はい!はい!」言うのも奇妙ですが、

「生き物の気配」(!)

がしないことの方がもっと奇妙です。

ここまで来ると、もはや夏の終わりの怪談(笑)ですね、心に刻んでおきませう。

ちゃん、ちゃん。

コメントを残す