ブエノスアイレスの洗礼①

こんにちは~

ほぼ毎日朝帰りのKaoruです~♪

午後は個人レッスン、夕方はグループクラス、ちょこっと休んで(または仲間とご飯して)夜から繰り出し、多くの日ははしごして、いろんな方と即興で踊り明かす………….

そんな修行&挑戦の日々です。

今、ワタシが一番欲しいもの………..

それは……….

インドメタシン満量処方の湿布!(笑)やサロンパス❢

そして、

香港のめちゃうま漢方マッサージおばちゃん (笑笑)

だれか~、アルゼンチンに送ってください~💦
(身体のつかい方が素晴らしくても、毎晩の7~8時間の踊り明かしには勝てまへん)

さて……..
日本と同じく、ラッシュアワーは渋滞、通勤ラッシュ、地下鉄も古く断水、停電の多いアルゼンチン。

今年は幸いまだ断水も停電もワタシの家ではありませんが….

毎回感心するのが、ケセラセラ精神、とでもいいましょうが …….

ま、結構、迷惑なんだけどね(苦笑)💦

🐈🐈🐈

先日おもしろかったのが、2年ぶりにあったJさん(アルゼンチン人)
先生もしつつ、日本にちょこっと教えにいったこともあり、いつも元気でユーモアたっぷりのJさん

その昔から、いつもボーっとしていると必ず誘ってくれて♥
つたないスペイン語に付き合ってくれつつ、

意味深い格言(?)を時々残していたというJさん

今回の目玉、ワタシの師匠M&Aのさらに師匠のG女史のクラスに参加するにあたって、なんとJさんもアシスタントかと思ったら、

なんと!

「俺もレッスン受けてるんだ」

という俺は生徒だよ宣言!

😲

みなこの経済危機に、よーく真面目にやりますわ

Jさん曰く

「いつも学びつづけないとね。我流は限度がある」
「自分で練習するのは大切だけど、誰かに客観的にみてもらって、アドバイスもらう必要は永遠にあるよ」
「レッスンに参加するのは必須、先生になったからってやめるわけじゃない」
「常に更新してないと!年齢もキャリアも関係ないんだ」

という極めてまっとう、かつ真摯でポジティブは態度なのであります。

いつもありがとう、Jさん。愉快な会話を、そして気遣いを。

😊😊😊

そんな前向きで建設的なJさんなんですが、

ことに遊びの予定や友人関係のこととなると

これは豹変!

そうなんですよ~

ドタキャンや予定変更が哀しくも当たり前の国(政情や経済、政治問題もあるかな)

「明日はどうなるか分からない」
「いや急でもなんでも、やりたい事をやるんだ」
「自分がどう感じるかが一番大事」

という少々自分勝手な(苦笑)ちょっぴり刹那的な考えが増えやすいんですね。。。。。。

なので、急にレストランをやることも、突如ダンサー目指して邁進することも、
結婚してすべて放り出すことも、突然、留学するのも、引越しするのも…………….

「自分次第」です

この部分はワタシは結構気に入っていて、というか性に合っていて、

もちろんスケジュール変更も多く、思い通りに行かないことも多く、ストレスでもありますが、

「意思表示」があるから

それにみんながそうってことは

「自分もやっていい」

ってことよね 笑

🐼🐼🐼

ダンサー/先生/オーガナイザーチームと仲良くやっていても、現地人混合チームと同じくらい

「スケジュール大幅変更」あり!

デス。

苦笑

ということは……….

なんだかんだで毎回感心/感嘆するのが

「体力・気力・想像力・粘り強さ・マルチなスタミナ」

なんですよね💦

これがないと、なにもできない。

みなさん、日々たくましく、七転び八起きの精神でやりましょう。

本日のおススメは南米つながりで、コロンビア人作家、ノーベル賞!

スポンサードリンク

読むのにも体力がいる、超大作。

いっぺんにではなくてダイジョウブなので、ちょこっとずつでも読んでみてください。不思議なような、アジアやインドの思想に通じるような、面白い世界観とドロドロしているくせに(!)なぜか達観しているというか、ちょとドライな感覚世界。

いろんな世界観、さまざまな歴史や概念に触れることが、とっても美味しい日々です。

ありがとう、アルゼンチンのみんな、師匠たち、滞在中のみなさん

3月末のクラス詳細を発表しました。イベントページ、ブログ記事をご覧ください。お申込みは開始しております。さらにパワーアップしたワタシと愉快に、深く、やりましょう。

 

 

 

投稿者:

Kaoru Kuwata

演技コーチ/STAT会員アレクサンダー・テクニーク指導者/ムーヴメン指導・演出
STAT certified Alexander Technique teacher, mSTAT
Movement Teaching/Acting Coach/Movement Direction/Personal Coaching

コメントを残す