アルゼンチンの師匠ズ② A&Mのミニ・プロジェクト

続く、昨夜は別の師匠カップルのショーに行きました。こちらは昨年とは打って変わって、劇場でのパフォーマンスではなくサロン(と呼ばれる一般客ウロウロ有りのダンスホールみたいな場所)でのミニ・ショーです。

美しい詩とお料理のレシピ💛、ダンスとスピーチの組み合わせ♪この4つを4人がつかってしゃべり、踊り、歌う小品。サプライズ好きなA&M師匠ズならではの演出にみんなが引き込まれての健やかな時間。

観客とパフォーマーが同じ方向をみようとする時間が素敵ですね。戦うわけでもなく、疑うわけでもなく、ただ見守るだけでもなく、慢心して油断しているわけでもなく、でも興味津々で…。このワクワクとハラハラとほっこりのバランスが重要。(^^♪

よい時間でした。実験、万歳!

というわけで、いくつになっても遊び心を失わず、今年もチャレンジ精神に満ちたA&M師匠ズなのでした。

その後…

M師匠「ねえねえ、どうだった?」

Kaoru「ヨカッタよ」

M師匠「どうよかった?どこが?どんな風に?」

Kaoru「ミックスするところがよかった。サプライズもよかった。もっと音楽も歌も踊りもスピーチも欲しかったけど…もっと長い時間やって欲しいなあ、これまた劇場作品にならないの?。」

M師匠「え?!もっと?!どれもこれももっと?だって、今回は小品なんだよ?」

Kaoru「でも、もっとみたかったの~!もっと味わいたかったんだもん♪」

M師匠「OK、ははは(笑)」(*^^)v

ざっくばらんな会、それはとても健やかです。

率直なこころ、失う必要ないですね、挑戦しつづけるために。

来年も楽しみだ~♥🐈

 

コメントを残す