調節してくださいー調節がすべて?!

本日もズバリ⚡

「調節」して欲しい、ね💦

演劇に限らず、歌でも、音楽でも、ダンスでも….

顔も含めての全身のうごき、呼吸から変化する声、相手との関係、空間のつかい方、目的の設定、リズム、テンポ….

例をあげるとキリがありませんが、

「調節」を学んで活用してもらいたい、そして「調節」によって、

本人も「ラク」になる、周囲も信頼しやすくなる、お客さんも安心して(良い意味で)目撃することができる。

で、こういう指摘をすると必ず(笑)出るブーイングが

①「え~!もっと自由にやりたい!」②「考えないでやりたい」③「ありのままでいい」

という不思議な発言。

😠

硬い脚の棒立ちが「自由」ですって?硬直したお面が「自由」ですと?!😲いつもマンネリの抑揚が「自由」?!

そう、気づいていないのはあなたとその周囲(目や耳が慣れているから)

そして②ですが、では「考えないで出来ること」の中に、何があるか、ちょいと胸に手をあてて(笑)思い浮かべてみてください。

そう….

②「考えない」でできることは

習慣!

歯磨きに代表されるような、機能的な内容(-_-;) 毎日繰り返し何年もやっている

「こころ、ここにあらず」

でも出来るための習慣ですよ。

それ、目指してどうするの?!

確かに、スキルについて、基礎的なことを確認しながらのパフォーマンスはもちろん悲しくつまらないものですが、「歯磨きと同じ習慣」て。。。どうでしょう?

別名「惰性」⚠危険のことを意味してはいないですか?

🐣🐤🐥

ありのまま、それでいいのは、子どもだけ。

と思わず一句出ました 😡 そう、調整を拒む人達の主張。「ありのまま」

出たーぁ!無責任発言!

そこでムダに防衛的になるのは☟「調整」しろと言われたと誤解しているからでないでしょうか?辞書の意味でも、

「調整」=「問題がある」または「満足ではない」状態にある事柄や物について、不都合な点、不満な点を解消し、よい状態にすること

したがって

「満足じゃないのか?!」「不都合なの?!」と防衛してしまい、

「どこが不満?!」「じゃあ、いま悪い状態なんですね!」と基準から外れていて悪なので、正しい方へ、現状が悪いので、良い方へ向かえと「叱られている」と勘違いしてしまふ。。

嗚呼! 国語が雑な人たちよ!Oh, No…..💦

あのね~….意味が違うんですけど…..(^^ゞ

「調節」
=何らかの「度合い」を変えることによって、「望ましい」または「ちょうどよい」状態にすること現状がどうであるかとは関わりなく使える

一般的または特定の「基準」というものはない。すでに行われている現状が悪い、というのもない。

だから被害者妄想、要らないです。現状への批判ではない。「改善」の精神ですよ。

例えば、歩くとき。

歩く前に考えていること、みているもの、聞いているものを「調節」してみる。

歩き始めに身体全体でやっていることを「調節」してみる(筋肉の緊張と弛緩のレベルですね)

すると、

あら不思議 ♬

感じることも違ってくる、気になるものも違ってくる、みえるものも違ってくる。

ああ!そっか!演技に応用できるね♪

お試しください~😊

連絡事項:12月のクラスも各コースともにお申込みが進んでおります。参加をご希望の方はお早目にご連絡ください。

 

なかなか上達しない真面目な方の盲点②後半「ていねい」と「しっかり」

巷で噂のシリーズ 🍛 今後の行動のためにも、参考にするためにも、検証しましょう!

③「丁寧に(遅く)(着実に)しっかりとやりたい」

ですよ、問題の住処は。

そう、正しくて、善に満ちているはず。。。

なのにダメ💦

な~ぜ~な~の~?

という善良で真面目で素敵な方々のつっこみが聞こえますが…(-_-;)

「結果」を限られた時間内に出したいとき、

自分の思う「丁寧」は

「自己満足」

ですよ。

😿

雑にやるとか、方法を吟味しないのはもちろん困りますが、

あなたの思う「丁寧」は「自己満足」ではないか考えてみましょう。

以前、駅ビルで明らかに急いで「手土産」をかったおじさんの包装を

「ものすご~く丁寧に」(笑)

真心こめて?リボンの形まで整えながら、やっちゃってる店員さんいましたけど、

「駅ビル」にはどういうヒトが、どういう目的で集っている可能性が高いかを考えないと、

叱られます 😠

同じく「しっかりやりたい」

も標語として?は良いのでしょうが、これも「しっかり」の意味がみなさんそれぞれ過ぎるので💦

「単なる筋肉のさらなる緊張」にいってしまう方、

「繰り返し」を意味している方、

「自分の納得いくまで時間をかける」という傾向の方、

と拡大していく….

自分が「丁寧」にしているぜ!と感じるよりも(自己満足)、

自分だけが「しっかり」やったぜ!と確信するだけでなく(自分解釈)、

他人にみえるように、聞こえるように「成果」を出しましょう♪

*12月の年末のラバン、モノローグ、シーンの各クラスはお申込み開始しております。お早目にスケジュール確保の上、ご連絡ください。

なかなか上達しない真面目な方の盲点②前編

一瞬ツラいけど「効く」注射💉をブスっと一発(笑)

お悩み解決、カレー部🍛Kaoruです。

本日の盲点②は「一つ一つ、すこしずつ、丁寧に(遅く)、(着実に)しっかりとやりたい」という、いかにも良さそうで、善意に溢れていて、

しかし超!ダメな点。

倫理的には良く、安全そう。そしてなにより自分が納得できて、安心できそう。周りも戸惑わないですみそうで、リスクが低そう。。

はい。これ、全部ダメな発想よ。

笑!

では、どう「イカン」のか、それこそ「一つ一つ」検証しよう!(笑)

🐕🐕🐕

多くの専門教育や特殊技能の修得のプロセスには、

①「一つ一つ」バラバラに取り出してできないものがほとんどです。

ダンスや音楽で考えると分かりやすいかも。

例えば、「自然なうごき」。

みんなカンタンに言うけど💦「自然の仕組み」を勘違いしていたら、練習しても「姿勢」を整えただけになってしまう。

うごき辛くしているクセがあるヒトは、そこを変えないと、人前で継続的に使えるようにはならない(なってもぎこちない)。

トレーニングしても、自分にとっての「自然」と他者の目にうつる「自然」にはどうしてもある程度の認知のずれがあるため、ギャップは残る。そこをどうするか?

足だけを自然にはできず、頭を突き出すクセだけを直せず、姿勢だけをその場しのぎで整えることはできても、続かないのです…

😿

身体がまず部位別に分けて機能していない時点で、バラバラに扱うことができない。

つまり望む「効果」を出すためには、全体に働きかける必要がいつもある、ということです。

さて

②「すこしずつ」やりたいという安全思考(?)の希望はどうでしょうか?

😢

分かりますよ、その気持ち。

自分がどんな体験するか未だ分からない、怖い、心配だ。来月、来年、自分も環境もどうなっているか、予測がつかない、不安で、恐ろしい。

極めて自然で、当たり前の心情だと思います。

これまたダンスや音楽で考えると分かりやすいですが💦

安心安全の「少しずつ」はできないのよ~。(笑)

ズバリ⚡

切り込みますと「少しずつ」しか問題の解決にならなかったり、「少しずつ」しか理解が深めなくて済むものだったり、ましてや「少しずつ」取り入れれば良いもの…

そんな都合のいいものあるか~い?!😡

あったとすれば、「効果」もそれなりの限定されたものでしょう。

=要はあまり「影響力」がないということ!(効果がないとは言いませんが💦)

例えば、F.Mアレクサンダーがテクニークを教えていた頃、レッスンを受ける生徒さんたちは、短期集中型(もちろんその後のメンテナンスやフォローアップはありますが)の

「今しかない、やるっきゃない、これしかない!」

という差し迫った発声発音の問題、動きの問題、アガリ対策、吃音などの方々が多く、

「どうにもこうにも『変えたい』のだ」という強固(一種頑固)な意思に基づいたものでした。(はるばるあの時代にアメリカからロンドンへレッスンのために数か月滞在しに来ていた人もいたくらいです)

当時のレッスンというのは、たいてい月曜~金曜の「毎日」個人レッスンを受けます。

土日は自分で観察したり練習したり、

そして再び月曜~金曜のレッスン。おかげで自分の古いクセを混ぜるヒマもあまりなく(苦笑)💦

疑問が湧いてもすぐにF.M.に聞けるので(どう答えるかはさておき 笑)、少々ジェットコースター体験かもしれませんが、紆余曲折があっても、猛スピードで進んだに違いありません。たった3か月でレッスン、60回も受けているわけですから…ははは

今流行りのように、週に1回や月1回、「お習い事」のようにやるようなものではなかったのです。(もちろん時代は変わりました)

良し悪しはさておき、この「『毎日』やっていることを変える」のが鍵。

それも、「マイペース」で要らないクセを守りながら(笑)、自分のいいように「部分的」に取り出さずに、そして「自分勝手な解釈」をあまり加えずに💦

これがポイント☝

・長い時間やっていることを変える

・毎日やっていることを変える

「効果」を出すには、譲れない大切なポイント✨

そして「少しずつ」の問題は「一つ一つ」のところとほぼ同じで、

「少しずつ」できないエクササイズやトレーニング内容が多いということ。

「1つの方法で1つの目的を達成すればいいや、それから次のを一つ、その後にもう一つ」

という考え方そのものが「素人」です。

ズバリ⚡

次回はこの点の掘り下げと続きの後編をお送りいたします~

*12月のクラスのお申込みが開始しております。いずれのクラスも少人数でやりたいので参加を希望の方は、お早目のお申込みをおススメいたします。特に初めての方はお時間に余裕をおつくりください。

 

 

 

 

手に入れよう、役立つ「道具」!

念願の「毛玉取り」を買ったKaoruです✨

❤スッキリする~

取れる取れる、要らない毛玉が。

充電もできるし、コンセントつなぎもOKで♬

きれいになる、なる~、毛玉だらけで😢印象の悪かったセーターもズボンも♪

すっきり!着たままもOK! ホントに「道具」って大事ですね ありがたい!

昭和(!)の毛玉取りのように生地を傷めてしまうことも少ないようで

「デリケート・ガード」なるものがついている✨

ありがたい~、感謝!嬉しい~❤

さて、何の話かというと…

パフォーマーの話。

「道具=Tool」という話がよく出るんです、欧米系の演劇や音楽やダンスの養成機関やトレーニングおよび劇団などの場では。(名優や巨匠のインタビューにもありますね)

・動けること、動きのボキャブラリーとそこからの感覚的記憶が整理されてあること=道具MOをもっている

・いろんな声が使いこなせるスキルがあること=道具Vをもっている

・想像力豊かに、当事者として生き生きと想像することができて、かつその感覚がつかえる=道具Iをもっている

・スタニスラフスキー・システムに則った戯曲分析やキャラクター創造が出来る(切り口の一つとして持っている)=道具Sをもっている

・マイズナーの方法論で感情の準備ができて、相手と交流でき、自分のやっていることを検証できて、調節できる=道具MSをもっている

・ザ・メソッドの方法をいくつか利用して、キャラクターの準備ができ、身体の管理が応用できる=道具MEをもっている

・アドラーのエクササイズなどを活用して、役作りだけでなく自分を「仕事用」に準備しておける=道具Aをもっている

…….とリストは尽きませんが…

何が言いたいのか。

それは

「道具を持っている」ことで、自分は楽になる、周囲も(結果)楽になる。

「道具を持っている」ことで、準備や稽古の中で、より選択肢が広がる=楽しい

「道具を持っている」ことで、同じ素材(調べものや資料含め)を、いろんな角度からみて、感じて、考えて、想像することができるんだよね=より自分らしさが反映できる

そう、毛玉だらけのセーター、捨てなくていい!😊

そう、毛玉に隠れている素材が生きる!(笑)

🐤🐤🐤

お料理もそうですよね。

「ピーラー」があれば、皮むきも(それほど)苦痛ではない。ピーラーないと、ケガする可能性も高く、時間もかかる。そして皮以外も削りやすい💦

同じく「圧力鍋」があれば、時間短縮できる。短時間でお肉も柔らか、しっかり味染みて😋

…考え方、分かったかな?

役立つ道具を揃えて満足するだけじゃ、もったいないですが、役立つ「道具」がないまま、苦労しつづけて、切り口に迷い、料理しないまま、力任せにがんばったり、下手なまま苦心したり、効率悪くいることもないと思います。

*12月のクラスのお申込みを開始しました(^^♪「ラバン」は例えて言うなら一種の言語です。ラバンという道具を手に入れたい方、ラバンという道具の効果を知りたい方、「うごき」という道具をつかって、より良い結果を目指す方!

お待ちしております😊

 

本日の写真は登山できない大自然で有り難い「道具」☆ヘリコプター♬楽しかったぁ!素晴らしい景色!

なぜ「最小限」が役立つのか?

最小限の「ちから」で最大限の能力を出すことが大切な理由は、

無駄に力を入れすぎたり、変な方向に酷使したりしないことでの「ケガの予防」も含みますが、

緊張させたままつかっているような、つまり、余計な負担をかけながらの活動を減らして、「健康」的に目的へ向かうこと、

……だけでなくて、

はたまた「美容」のため、

……だけではなくて(笑)

本来の活動そのものに注力してもOKになる「余裕」をつくるため、

なんですわ。

具体的にどういうことか、と言うと

・身体を窮屈に固めて、息ひそめながら、想像力を羽ばたかせられますか?

視野も変わらないのに?!😲身体の高さも、身体のパーツの方向も、変えづらいのに?!

ブレーキかけたまま、、ムリに進む!スピードも方向も変えたいけど、

「決して」固めていることは手放さない。。。。

おおぅ💦 それはそれは….変化を扱う演劇や音楽、ダンスやスポーツは….

特にむつかしいに違いないさ…….

例えば、明瞭に歌いたい、しゃべりたい

しかーし!

明瞭に歌い、しゃべるために必要なだけのちからがどれくらいかは「知らない」。

ただ、子供の頃から親や周囲の大人を真似てきて、やってきた「方法」。

慣れている、いつも同じ感覚の唯一の「方法」。

自分にとっては自然に感じられるくらいやり慣れている「方法」。

それだけ、で……..イイかな?

❔❔

よく見かけるのが、

しゃべりづらいのか、歌いづらいのか、

唇をやたら固めながら、「文句言っているヒト」の口になりながら、

必死の形相でしゃべり、歌っている方々。

こ、怖い!😢! (苦笑)

間近でみることの少ないお客さんは我慢できるにしても(笑)、相手役は可哀想に…

胸や胴体を固めている延長で、顔や首(喉ですよね)もあちこちいびつに固めながら歌ったりしゃべっていると、鼻声みたいな発声・発音…

😿!

これまた聞き取りづらく、響きもイマイチ。そしてなにより、内容が伝わりにくい…

「調節」する練習のため、

「調節」するときに基準とする感覚のため、

「調節」しやすく(自分が楽)するために…

「大は小を兼ねる」の類の取り組みを少しおさえてみませんか?

 

 

 

「かたい!」の正体を考える

「かたい!硬いんだよ~ぉ」

「う~ん、ちょっと硬いねえ・・・う~ん」

監督や演出家、先輩や先生方、そして仲間同士、後輩からも😿

よくないこととして語られる

「硬い」「固い」「難い」

かたい!

「かたい」ことの、何がイカンのか?

「かたい」から、どうしろというのか?

「かたい」と何が困るのよ?!

「かたい」にもイイところないの?(苦笑)

演劇、音楽、ダンス、ミュージカルなど、なんらかのパフォーマンスをやったことのあるヒトにはツライ一言。

「かたい」

😢

基本、悪い意味で言われますわ「かたい」と💦

①かたい=身体が硬い・固い・難いの場合

・身体が硬いため、特定の動きや体勢が(ほぼ)できない、またはやるのに時間がかかったり条件がある時(ゆっくりしかできない、など)

・身体が固い(固めている)ため、反応が鈍い(遅い)、応答の種類がない(固めているから)ので、内容に合わなかったり、場面などが成立しない時

・やっていること(行動)が難いため、共演者やお客さん含め他人に伝わらないという意味の時

=ダメじゃん、直しましょう!練習しよう!

🐈🐈🐈

②かたい=考えていること、感じていることの範囲が狭いという意味の場合

・上☝が原因になっていることが多々ありますが、この②が原因になっていることもあるという残念な状況(どちらが先かはあまり重要ではない)

・思考の流れがない、またはほぼない、少ない、遅い(例:キャラクターの思考)

・感情の変化がない、またはほぼない、少ない、遅い(例:キャラクターの感情)

・交流していない(交わってない、感応していない、応答していない)、または交流しているときにつかっている「方法」がいつも同じ、2つしかに、3つしかないなど少なすぎる場合

=残念!

計画立てて、誰かと一緒に時間を計りつつ、練習しよう!

🐕🐕🐕

③別の課題や問題を「かたい」という言葉であいまいにボカして伝えている場合

・悪意がなくても、他に言葉が見つからなかったり、急いでいるとき、まあ、いろんな事情でとりあえず「かたい」に分類することがあります。

したがって

どういう「意味」なのか、前後関係含め、事実に基づいて熟考してください。

そう、

「慣れてないね」😢も硬い

「いつも同じでマンネリだね」😠も硬い

「つまらないよぉ」😡も固い

「ずっと変わってないんですけど~」☹も固い

「遅いのでは?」も固い

「弱いです!」もかたい…

…あまりにも多くの現象をとりあえず「かたい」と分類してしまふ….

指摘する側も工夫したいです

*「かたい」対策、「かたい」問題の解決とNTライブのような演技の秘密は…

11月のクラスからスタートしてください。笑

初めての方は身体のつかい方を見直す「アレクサンダー・テクニーク入門」のグループクラス、またはたくさん動いて感覚を磨く「ラバン入門」のグループクラスから始めてください。

お待ちしています♪

写真はまったく関係ない8月の麗しいウイーンの風景🌸 台風一過と真逆のお天気なり💦

①「細かいこと」なのか?!

最近、改めて実感したこと・・・

経験や年齢に関わらず、養成所生やクラス参加者の言動でワタクシには奇妙に思えるポイントから、俳優のトレーニングやライフスタイルについて、熟考してみたいと思います。

本日はこれ

①「細かいこと」

例えば、こんな感じ。

個人レッスンにて:(今、考えていることや今週の様子を聞かれて)

生徒A「首の緊張と…頭の、姿勢?ポジション?とか、まあ、細かいことなんですけど….」

え?!😲

グループクラスにて:(今日のクラスの目標を聞かれて)

生徒B「う~ん、自分のクセなのか、硬いと言われますね。今日は背中や背骨のこととか、昨日やった細かいことも、注意してやりたいです」

ええっ?!😲😲

某、養成機関の授業にて:(自分たちの取り組みの振り返りをしながら)

生徒C「セリフの意味もですけどぉ、(稽古で)言われてるからだの事も、細かいことをちゃんとやっていきたいです」

えええっ?!😲😲😲

!!!

😠

それ・・・・

「細かいこと」

じゃないだろう?!💦

あの~(-_-;)

そういう内容が「細かいこと」

と思っているようじゃ、ダメなんじゃないの?!💦

🐤🐤🐤

まぢか~~~~。。。

「捉え方」はひとそれぞれと言う方もいますが、

いや、実際、そこからでしょう、学びは。

自分が「細かいこと」と思いこんでいる内容について、

師匠やコーチや演出家、仲間や先輩や憧れのスターたち、世界の巨匠たちと

「ズレていないか」

たまには確認してみてください~🐦

 

 

ニュートラル②ーそしてどう大事なの?

前回のニュートラルってなにさ?の記事はこちら。http://kaorukuwata.com/2017/10/03/%E3%80%8C%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%AB%EF%BC%88%E4%B8%AD%E5%BA%B8%EF%BC%89%E3%80%8D%E3%81%A8%E3%81%AF%E4%BD%95%EF%BC%9F/

で、何で大事かって言うと

キャラクターを演じる、物語る、劇で与えられた状況において行動するにあたって、

俳優はなるべくニュートラルを意識しておかないと(中立でいるという意味ではない)

あっちこっちに散らかっちゃうから、自分なのか、キャラクターなのか、一体誰なのか、何したいのか、とにもかくにも混乱するから、ですよ。

例えば①

役の人物の感情の様子、内面の態度をやりたい

でも、

俳優自身が身体にムダな緊張がある→意味のあるものとして相手役もお客さんも読み取る→誤解が生じる

例えば②

役の人物の生い立ちや職業にあった所作やいでたちでいたい

でも、

俳優自身がすでに、腕を張って構えていたり、いつも同じ縮こまりをしたり、顔をゆがめてしゃべっていたりする

…..誰なのか、何なのか、なぜなのか、分かり難いっ💦

例えば③

役の人物の反応と行動を通じて、人間関係や物語の展開を目撃してもらいたい(ほとんどの演劇ね)

でも!

俳優自身が1幕1場から最後まで……..

ず~っと「同じ」じゃん!

そう、ず~~~っと同じ体で構えている。

す~~~~と同じ俳優自身の癖になった「条件反射」を繰り返している。

きゃ~!恥ずかしい (/ω\)

演じて…..ないやん、キミ!

と思わずツッコむ、そんな秋。

誰なのか、何なのか、なぜなのか分からないず~っと変化のない、同じ「条件反射」をみせられても……

なんとも…ねえ…..(-_-;)💦

というわけで、違いを感じるためにも、特徴をつかみ利用するためにも、

ニュートラルから「出発」してみてください。迷子にならずに済みますよ。

ニュートラルに関連したシリーズ、数回続く予定です、お楽しみに🐈

 

 

中毒ですよ?

特定の「感じ」欲しさにやり続けていること……

「中毒」と同じ仕組みです。

アレクサンダーも書いていましたね。

Excess craving for sugar(砂糖中毒)もその仲間、と。(すごい先見の明!😲)

首を固めて、頭を後ろに引いていないと「ちゃんとしている気がしない」とか💦

背中を狭めて、胸を張っていないと「良い姿勢な感じがしない」とか….

顎をきつく締めて、口の中を狭くして、息苦しく胸を止めないと「真面目」な感じがしないとか………

😿!

つらすぎる……..

さらに、自分が「大きい声だせてるぞ!ちゃんとセリフ言えてるぞ」のためにやっている脚のつっぱり、顎の噛みしめ、眼球を止めて不自然な顔…..

要らないよ~オ💦

「嫌われてない」「危なくない」を確認するための、作ったうわべだけの表情、ひそめた呼吸、探り探りのごこちない動き….

まるで忍者かいっ!

苦笑

「感じたいこと」のためにやっている習慣が、

本当に自分の「目的」に適切かどうか、吟味してみませんか?

脚をつっぱりつづけていないと、ちゃんと立てている「気がしなくて」、舞台でず~っと脚を無理して押しつけて立っていたら、脚も腰もいた~くなってしまった方がいたけれど

悲しすぎる!

😢

難しい高音を響かせるために、首に力をいれて、頭をひいて「あてようとしていた『つもり』」の歌手がいたけれど……

徒労!

結果、細くなってしまった弱~い息を胸まで固めて、ケチりながら使うので、うまくいかないという…💦

残念すぎる⚡

「気のせい」を基準に練習するのをやめませんか?

習慣に基づいた仮初の(笑)「なんとなくの感覚」を順序立てて磨きましょう。

ただイメージするんじゃなくて(それじゃスピリチュアルだよ(-_-;)

実際、具体的に、

①動く前に足していること、

②動きながら混ぜていること、

③動いた後にやりすぎていること、

これらをやめるところから、スタート‼

・・・・

そして、応用して考えてみると…

自分の性格だとか、環境のせいだとか思っていたパターンも….

自分が選んでいることかも?!

😲💦

依存性が認められる、目的に合わない奇妙な「反射」をやめて、

ぜひ✨ 自分の目的に適切で建設的な新しい「方法」もお試しください。

*11月のクラスは「ラバンのエフォート入門」と「エクササイズのクラス」のみ参加者を募集中です。「アレクサンダー・テクニーク入門」と「モノローグクラス」は満員になりましたので、キャンセル待ちのみ受付中です。

やってはイケない演技のNG集⑦「何もしない」とその仲間たち

NG集⑥で「嘘をついてはイケない」またミラーリングはダメよなどと指摘されてきたため(①~⑥は過去のブログ記事を検索してください。キーワードはNG集です。)

苦肉の策なのか、繰り出されるのが、

この「何もしない」

というなんとも不可思議な、しかし本能的には自然な(苦笑)技…

「何もしない」

….そう、文字にすると可笑しいのですが、

恥をかきたくない、叱られたくない、はやくこの場をやり過ごしたい、なんとか切り抜けたい、嫌われたくない!

などのただの否定、ただの「防衛」が勝ってしまい

「何もしない」

という、実は最悪で最大にリスクの高い、意味不明な行動をとってしまいます。

意外に舞台でもいるよね?何もしていないヒト…….

「何もしない」

というと無害な気がしますが、

何かをするためにシーンに登場したり、何かに関係するからそこに居るはずなのに

「何もしない」

爆笑!🐼

もうね~、ダメです、これは!

しかし、行き詰っているときに、演出家などが

「もういい!何もしないで!そこ!」😠

な~んて言ったが最後。

本当に「何もしない人」が出てくる….

そして、確かに「積極的に」ひどく不適切な「方法」をつかったり、全くトンチンカンな「目的」の設定をしているよりは、

「マシ」

には見える。一応。

だって、そこに「いない」のに似てますから💦

「害はない」という感じ。

……….

でも、

それって……….

何か違うのでは?

「害がない」だけなら、最初からいなくていいし!(笑)

とツッコみ放題なのは、気のせい??

😢

で、「何もしない」だけで気が引けたヒトたちが始めるのが

「反射するだけ」

苦笑。。。。

ただ「驚く」(驚くにきまってるやろ、ドラマなんじゃい!😡)

ただ「聞いているフリ(聞こえているだけというべきか)」

ただ「みているフリ(視力に問題がないだけというべきか)」

ただ「真剣そう」にいる……(目的も方法も行動に起こしてないから、やることないよね💦)

文字にすると赤裸々すぎますが、

はい、☝ なんですよ。

やはり事実と矛盾のない「目的の設定」

事実に基づいた「目的達成のための方法の選択」は欠かせない。

目的なく、さすらい。。。

具体的な手段なく、行動しない。。。

さすらいすぎ!

😿

くれぐれも、さすらいの道連れしないよう!

~~~~~~~~~~~~~~

11月のクラス参加者募集中です。

初めての方のためのエフォート入門クラス、身体のつかい方を見直すアレクサンダー・テクニーク入門クラスはまだ少し余裕あります。思い切ってお申込みください♪